ETCカードを作ったので作り方と基礎知識をご紹介します

ETCカード

ETCカードの作り方は様々なのですが、その傾向は概ね2通りに分かれます。既にクレジットカードを所持している場合には、追加で発行する、クレジットカードを新規で申し込む際に同時にETCカードを申請する、これらの2種類の方法があります。

これらの方法は手続自体は別であるものの、共通する点としては、あらかじめ基本となるクレジットカードを所持していなければならないのです。

クレカでETCカードを追加発行する場合

年会費無料ETCカード

クレジットカードを既に所持している場合には、そのクレジットカード会社にETCカードを追加するように申請するのみで、容易に作ることが可能です。追加する際にも審査はなされるのですが、基準となるクレジットカード本体は既に審査通過しているために、特段の事情がなければ否決される恐れはないのです。

申請するには、クレジットカード会社の運営するサイトやクレジットカードの会員サイト、あるいは電話にて申し出るのですが、審査可決となれば、早ければ数日以内、遅くとも数週間後にはETCカードが送られてきます。各カード会社に応じて差異はあるものの、新規発行よりも追加発行のほうが迅速に送付される傾向があるようです。

しかし、クレジットカードがあったとしても、ETCカードが追加発行不可能な場合には使えない方法であることに注意が必要です。多くのクレジットカードはETCカードの追加発行が可能なのですが、万一不可能であれば断念し他の手段を選択するしかないのです。

そして、発行可能であったにしても、追加発行に費用が必要であったり、ETCカードの発行について年会費が必要である場合には、追加発行は断念したほうが良い場合もあります。

その理由は、手数料が必要なく、ETCカードも本体のカードのいずれも年会費無料という好条件のクレジットカードが多く存在することにあります。ETCカードを作ろうとするクレジットカードを変更したくない理由がなければ、発行手数料や年会費が無料のクレジットカードに新規で申し込むことをオススメします。

ETCカードを新規発行する場合

おすすめETCカード

クレジットカードとETCカード両方を同時に申し込む方法もあります。

この方法では、クレジットカード本体から発行するために、本人確認可能な書類を提出しなければならず、審査に通過しないこともあり得ることから、追加発行と比較すればそれなりに難易度は高いといえます。

そして、クレジットカードによっては、同時発行が不可能なものも存在し、本体のカードを発行した後で別途申込みを要する場合もあるために、ETCカードの入手まで待たなくてはならないこともあるのです。よって、急遽ETCカードを所持しておきたい人には不向きな方法といえます。

しかし、新規発行のメリットは、クレジットカード本体から選ぶことが可能であるので、現状のクレジットカードに不満がある人には適しているのです。

もし発行に至るまでが迅速なクレジットカードをチョイスすれば、追加発行に比べても手っ取り早くETCカードが届く可能性もあり得るために、新規発行のデメリットを補完することにも繋がってきます。

この機会にポイント還元率の高いクレジットカードや、ETCを用いることによって多くの特典が得られるものを検討してみると良いでしょう。もし急遽ETCカードを作らなければならない事情がないのであれば、自分に適したクレジットカードに申し込んでみてはいかがでしょうか。

ETCカードを作る際に抑えておきたいポイント

ETCカードの年会費

ETCカードを作る際には抑えておきたいポイントがいくつかあります。

当然ですが、ETCカードに対応しているクレジットカードを選ばなければなりません。そして、ETCカードの追加発行手数料や年会費の有無も確認しておきましょう。

新規発行する際は、ETCカードの同時発行オプション有無、同時発行可能な場合は、クレジットカードとETCカードは別々に郵送されるのかもチェックします。

もし、なるべく早くETCカードを入手したい場合は、どの程度の期間で発行されるかも確認しておくべきなのですが、具体的な期間が明記されていない場合が多いようです。どうしても迅速に入手したいのであれば、期間が明記されているものを選択することをオススメします。

他方、ETCカードが一体型なのか分離型なのかといった点についても抑えておきたいところですね。いろいろなカードが比較ランキング形式で紹介されているサイトをご紹介しておきます。年会費無料のETCカードが揃っていて見やすいです。

厳選クレジットカード・ETCカード年会費無料おすすめ比較ランキング

ETCカードの使い方

ETCカードそのままではクレジットカードの役割を果たしません。車に設置されているETC車載器に差し込むことによって初めて利用可能となります。

クレジットカード不要なETCパーソナルカード

ETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードはETCカード同様の機能を持つカードで、上記の方法でクレジットカードを作れなかった個人がETCカードを所持する最後のチャンスともいえます。

通常のETCカードの場合であれば、各クレジットカード会社が発行するのですが、パーソナルカードについては、有料道路を運営する会社6社によって発行されていることが特徴です。

クレジットカードを所持することができなかった人のみならず、クレジットカードを所持したくはないけれどもETCカードは必要な人に向いているのがETCパーソナルカードなのです。

そうしたことから、ETCパーソナルカードは審査が実施されません。ETCパーソナルカードは、クレジットカードがない人が持つ場合が多いことから、支払については銀行口座から引き落とされる運用となっています。

ただし、ETCパーソナルカードには、少なくとも2万円の保証金が必要になってくるという大きなデメリットがあるのです。これはデポジットと呼ばれる仕組みで、解約した際には返金されるのですが、保証金であることから、高速料金の通行料金などに充当することは無理なのです。

ETCパーソナルカードの作り方

ETCパーソナルカードに申し込むためには、申込書がなければいけないのですが、高速道路のサービスエリアに赴き入手するか、ETCパーソナルカードの事務局から郵送してもらうようにしましょう。

申込書に必要事項を記入したものと、本人確認書類のコピーとを同封した後、ETCパーソナルカード事務局まで郵送します。

その後、デポジットの振込依頼が送付されますから、振込をしましょう。入金確認が取れればETCパーソナルカードが郵送されることとなります。入金時点からETCパーソナルカードが到着する時間の目安は、概ね2週間程度です。

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存

保存